2015年6月16日 (火)

[Programming] Bootstrap 3 で input タグのボタンの glyphicon 追加

すぐには例が見つからなかったので、メモ。 .has-feedback クラスを持つ div で囲って、input と glyphicon をその中に書く(とよさそう)。

<div class="form-group">
<div class="input-group has-feedback">
  <input type="button" class="btn btn-primary form-control" value="ダウンロード">
  <span class="glyphicon glyphicon-download form-control-feedback"></span>
</div>
</div>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月11日 (木)

[Ruby] Ruby on Rails Tutorial のオリジナルと 日本語訳(その13)

日本語訳の11章オリジナルの12章 を読み終えた。 これで最後です。

やっぱり少し違いがあって

  • オリジナルには、「サンプルアプリケーションの機能を拡張する」の内容がなくなっている。 ただし、機能拡張のうち、パスワードリセットの機能は、オリジナルの10章で実際に実装している。
  • 参考資料とかも変わっててオンライン学習の資料が多くなっている。

全体を通して、オリジナルの方が、より初心者に向けた(と言ってもそんなに易しくはないが) Railsのチュートリアルに特化した形になっている気がした。 演習問題も易しくなっている。 テストを書けという問題も穴埋め式になっているし、日本語訳にあった正規表現を勉強してみようというような 問題も消えている。 テストもRSpecをやめてMinitestにしているし、多分、Railsのチュートリアルにより専念した形にして、 Rails以外のところは、できるだけ触れないようにしたのではないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月10日 (水)

[Ruby] Ruby on Rails Tutorial のオリジナルと 日本語訳(その12)

日本語訳の10章オリジナルの11章を読み終えた。

テスト以外にも違いがある。

  • オリジナルには、画像ファイルのアップロード機能の実装がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

[Ruby] Ruby on Rails Tutorial のオリジナルと 日本語訳(その11)

オリジナルの10章を読み終えた。 この章はまるまる日本語訳にはない(最後まで読んでないので確実なことは言えないが、多分、新しく追加された章だと思われる)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Ruby] Ruby on Rails Tutorial のオリジナルと 日本語訳(その10)

9章を読み終えた。テストの部分を除いて目立った違いはないように思えた。

オリジナルでは、10章が全く別の内容になっている。 日本語訳の9章と10章の間に入る内容で、

  • アカウントのActivationのリンク(ユーザー登録するとメールで送られてくるアカウントを有効するためのリンク)
  • パスワードのリセット機能(パスワードを忘れたときにリセットする機能)

を実装するようになっている。

これまで、日本語訳 → オリジナルの順番で読んできたのだけど、オリジナルの10章を読んでから日本語訳の次の章に進むことにする。

日本語訳の9章で、 ログインしないままユーザー情報を更新したり削除したりしようとすると ログインページやトップページにリダイレクトするテストはやっているけど、 実際にデータベースが変わっていないことを確認するテストが不足している気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 7日 (日)

[Ruby] Ruby on Rails Tutorial のオリジナルと 日本語訳(その9)

8章を読み終えた。違いがある。

オリジナルでは

  • ログインしている状態をブラウザを開いている間は保持するように実装する。
  • 次の段階で、ブラウザを閉じたときにログイン状態を保持するかどうかログイン時に選択できるように 実装している。

実装する機能は大筋では変わっていないが、機能に若干の違いが出てきている。 その分、説明の内容にも違いが出てきている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 4日 (木)

[Ruby] Ruby on Rails Tutorial のオリジナルと 日本語訳(その8)

7章を読み終えた。ちょっと違いがある。

オリジナルでは

  • Rails 4.2 で導入された byebug (debugger) に触れている。
  • Bootstrap のバージョンが違う(多分、ver.3?)。
  • テストのやり方が違う。
  • heroku にデプロイするときに puma を使う方法を解説している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 3日 (水)

[Ruby] Ruby on Rails Tutorial のオリジナルと 日本語訳(その7)

6章を読み終えた。ちょっとだけ違いがある。

オリジナルでは

  • has_secure_password のテストがあっさりしている。(has_secure_password メソッドそのもののテストは省略している。)
  • ActiveRecord::Base や validates メソッドのことを調べる課題がない。
  • Rubular で遊べという課題がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火)

[Ruby] Ruby on Rails Tutorial のオリジナルと 日本語訳(その6)

5章を読み終えた。ちょっとだけ違いがある。

オリジナルでは

  • custom.css.scss の @import が増えている。
  • ルーティングに match ではなく get を使っている。
  • テストの方法が違う。

オリジナルを読むときは、Cloud9 を使っているのだけれど、メモリーが足りないとしょっちゅう言われるようになってきた。 やっぱり、512MB じゃ厳しいか。 そろそろ限界か。 やっぱり、ローカルでやった方がいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Ruby] Ruby on Rails Tutorial のオリジナルと 日本語訳(その5)

4章を読み終えた。ちょっとだけ違いがある。

オリジナルでは

  • turbolinks の機能の説明は次の版でするとは書いていない。
  • full_title メソッドの実装がちょっと違う(式展開を使っていない)。
  • Hash#mergeのオンラインマニュアルを読んだあとで、理解度を試す簡単な問題がついている。
  • Ruby Koans の課題がなくなっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«[日記] まぶたの腫れ