2015年2月15日 (日)

[Ruby] Rubyのしくみ - Ruby Under a Microscope -

Rubyのしくみ -Ruby Under a Microscope-

C言語を使わずにRubyの内部構造を解説した野心的な本。 C言語がわからないという人も大丈夫。 Rubyの内部構造を知りたい人にオススメできる唯一の本!

以下、ざっと斜め読みしてみただけの感想である。

オブジェクト指向スクリプト言語Rubyは、C言語で実装されている。 (Javaで実装されたJRubyとかRubyで実装されたRubiniusとか、まあ、他にもあるけれど、本家本元はC言語で実装されている。)

Rubyの内部構造を解析した本としては2002年に出版された『Rubyソースコード完全解説』という本がある。 この本は、相当に硬派で、C言語の知識がないと読めない。 Rubyのソースコードを解説しているのだから当たり前である。

それ以降Rubyの内部構造を解説した本というのは存在しなかったが、10年以上の時を経て、Rubyの内部構造に迫る解説書が登場した。

本書は、内部構造を解説した『Rubyソースコード完全解説』の改訂版ではない。 アプローチの仕方が全く違う。 C言語を使わずにRubyを使ってRubyの内部構造に迫るという野心的な解説書である。 Rubyの機能を駆使して実験をして、豊富な絵や図を使って、Rubyの内部構造に迫っている。 C言語を知らなくても、この本を片手にRubyを動かし、自分で実行結果を確認しながらRubyの内部を探検することができるのだ。

良くこんな本が書けたなと感心した。 と同時に、この10年でRubyの内部構造を探検できる機能をRuby自身が提供するようになったのだなとなんだか感慨深い気持になってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月22日 (月)

RubyKaigi 2014

キーワードは、diversity だと思ったRubyKaigi 2014 だった。
もっと海外の人とコミュニケーションが取れるようになりたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月22日 (金)

ファンタジー(?)小説の中のRuby

Mr Penumbra's 24-hour Bookstoreより。

But, of course, the point of a programming language is that you don't just read
it, you write it, too. You make it do things for you. And this, I think, is where Ruby
shines.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 2日 (土)

[Ruby]WIN32OLE_RECORD

WIN32OLE_RECORD を実装してみた。誰かテストしてください。あと、Struct(VT_RECORD)を引数として要求するIDispatchインターフェースをもつCOMのメソッドがあったら教えてください。できれば、Windows標準のもの、それが駄目なら無料で利用できるCOMだと嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月11日 (日)

[Vim] Vim 7.4

リリースされた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月28日 (日)

[Linux] mp3ファイルのID3(version2)タグ編集

mp3info だとversion 1しかサポートしていないようだったので、id3v2をインストールした。

sudo aptitude install id3v2

複数のmp3ファイルに同じアルバムタイトルを設定するときには、

id3v2 -A 'Album Title' *.mp3

とすればよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[本] SR 2012年度ベスト10

恒例のベスト10の結果。

翻訳ミステリベスト10のうち、原書で読んだのが2作品、 本が好き!の献本に当選して読んだのが1作品、 今、原書で読みかけになっているのが1作品、 原書を本が好き!の読みたい本に登録してあったのが1作品だった。

国内ミステリは、図書館で見たけど借りずにスルーした作品が3作品。読んだのは2作品だった。

なんか、本当に読んでないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

[英語][本] 英語で法廷ミステリを読んだ

Missing Witness (Gordon Campbell)

逆転立証』の原書。 法廷ミステリというとなんか難しい印象を持っていたのだが、コレは違った。 法廷シーンは派手じゃなかったけど、シチュエーションは興味深いし、中盤の展開には引き込まれた。

法廷ミステリは難しいという印象があった。 しかも原書で読むとなると相当手強いんじゃないかとちょっとおっかなびっくり手を出した。 だけど、この作品はそんなに難しいとは思わなかった。 面白さの前には難しさも吹っ飛ぶのだ。

なんといってもシチュエーションが興味深い。 状況から想定される殺人犯人は12歳の娘かその母親のどちらか。 殺人の目撃者は存在せず、状況証拠から起訴されたのは母親。 弁護士はどうやって無罪を勝ち取るか。これが前半の見せ場。

更に面白くなるのは中盤の判決が出た後。 判決の決めてがあっさりしすぎていて都合が良すぎると思ったのだが、それがまさか、後半への伏線だったとは、全く想像もしなかった。 判決後、ある登場人物の一言からすべてがひっくり返ってしまう中盤の展開は面白かった。

惜しむらくは結末。冷静に考えてみれば、相当にありえない結末だけど、法廷ミステリとしては想像できてしまう。 たとえ結末が予想できても、そこにどうやって着地させるか弁護士の論理が読みどころのはずなのだが、ちょっと物足りなかった。 ミステリを読み慣れた当方としては、もう一捻り何か欲しかった。 素材(シチュエーション)は良いので、料理の仕方次第ではもっと面白くできたんではないかなと思う。

あと、大したことではないのだが、エピローグはちょっと余計な気がした。別になくても良かったんじゃないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

[本] 伊坂ワールド全開のオフビートなピカレスク小説

残り全部バケーション (伊坂幸太郎)

「実はお父さん、浮気をしていました」冒頭から伊坂ワールド全開。傑作かと聞かれるとそうだとは言いづらい。 でも、この突拍子のないオフビートで軽快なストーリーがいいんだよなあ。

なんだよ。これは。どういう場面でこの台詞が出てくるんだよ。 「お父さん」ってことは、子供に言っているのか?何で子供に言うんだよ? 「実は」「していました」ってどこかふざけてないか? この冒頭の台詞でもう伊坂ワールドに引きずり込まれてしまった。後は一気読みである。

冒頭の一言で何だコレはと思わせる「残り全部バケーション」。 章のタイトルそのものがネタバレで、主人公が何をやろうとしているのか想像がついてしまうけど、それでも面白い「タキオン作戦」。 それぞれのストーリーが妙な絡み方をする「検問」。 登場人物の小学生の頃のエピソードを描いた「小さな兵隊」。 関係なさそうに見えた4つの独立したエピソードを一つに繋ぐ「飛べても8分」。 バラエティに富んだ構成になっていて退屈しない。

主人公達は決して善人ではなく犯罪に加担するような悪人である。 でもどこか憎めない。 どこかずれているような一本ネジが緩んでいるような魅力がある(実際に身の周りにいたら怖くてつき合う気にはならないだろうけど)。

雑誌か何かで、著者がローレンス・ブロックの殺し屋ケラーが好きとかなんかそんなことを言っているのを読んだことがあった。 ああ、なるほど、殺し屋ケラーかと納得した覚えがある。 殺し屋ケラーが傑作かと聞かれるとそうだとは答えにくい。 でも面白いかと聞かれれば間違いなく面白いと答える。 この作品も同じだ。オフビートで魅力的なピカレスク小説である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

[Ruby] RubyKaigi 2013

全くメールに気づかなくてチケット購入できなかった。

と思ったら、RubyKaigi 2013のページに

If you're a qualified attendee discount(Ruby committer, student, and so on), 
'Add your self to waiting list' and select your discount ticket type. We 
organizing team make you attending manually via the admin panel (It takes 
a few moment).

とあって

Ruby comitters can get discounts from Super EarlyBird price (20,000 JPY) 
depends on your all-time commits to Ruby itself:
  100% off if you have 200 commits or more (Free)
   50% for 50 commits (10,000 JPY)
   20% for 1 or more commits (16,000 JPY)

となっていた。とりあえずwaiting list にエントリーしておくかと思って、Commit数を確認した。 自分的には、1 or more commits だと思ってたのだが、

25 201 kou
26 188 suke 

だった。以外とコミット数が多い。と思いながらも、なんか不合格になった気分。 どうせなら、199とかの方がもっとオイシイのに...。 kouさんゴメンネ...。(← なんで謝る?) などと10000円払ってでも笑いが取れる方を選択しようとする自分の思考回路は関西人ゆえか。

で、さっきもう一度ページを表示したら、チケット購入できるようになったので、さっそく購入しました。

場所と日程は、これから確認しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«[英語][本] Agile風な英語の勉強法をAgile風に解説した本