« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月26日 (土)

[Title] [キューのプロトコル」の由来(No.13)

別段、深い意味はなく、元ネタのもじりを考えていて、何となく思いついただけです。 キューは、メッセージキューを連想してます。 分散環境のメッセージキューとプロトコロルって何か関係がないようであるような、そんな気がしませんでしょうか?

元ネタは、『龍の議定書(プロトコル)』(多島斗志之)。

読んだことが無いのですが、謀略小説らしいです。 図書館とかで探しても古い本で傷んでいるせいなのか、貸出不可になってたりするんですよねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[本] 図書館でミステリマガジンの今月の書評を見て読みたいと思って図書館で探したら見つかったので借りた本


それゆけ、ジーヴス』(P.G.ウッドハウス)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

タイトル変更

タイトルを変更しました。
元ネタの本は読んでません。
実は、元ネタの本を以前から探しているのですが、実物にお目にかかったことがないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

[Title]「招かれざる客たちのファミレス」の由来(No.12)


LLDNとか、まあ、そのようなイベントがあったときのお昼休み。
会場の近所のファミレスなんかには、いつもと違う客層の人達でごった返すことになります。
(私もいつもと違う客層を構成している訳ですが。)
店の人達とか、常連のお客さんは戸惑ったり、違和感を感じたりするんでしょうか...。



元ネタは『招かれざる客たちのビュッフェ』(クリスチアナ・ブランド)。



本格ミステリあり、倒叙モノあり、奇妙な味の作品ありのテンコ盛りで読み応え十分の短編集。
この作品でブランドを知った私は、どうしてそれまでこの作家を知らなかったのか後悔したものです。
その後、書店や図書館に行くと必ずブランドの作品を探すようになりました。
ブランドの芸達者ぶりが味わえる本書は、オススメの1冊です。



次を考えないといけないんだけど、苦し紛れになってるし、本当にしんどくなってきた...。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 1日 (火)

[本] 返却するのをすっかり忘れていて、やっと今日返却した本

  • 『犬はどこだ』(米澤穂信)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »