« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月25日 (日)

[本] 借りるのはやめようと思っていたのだけど、あるところで、傑作との噂を読んだので、借りた本


『怪盗グリフィン絶対絶命』(法月綸太郎)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Title] [ちり紙の精度」の元ネタ


「死神の精度」(伊坂幸太郎)



味のある死神、千葉を主人公にした伊坂らしい連作短編ミステリー風小説。
日常の謎っぽい作品あり、舞台設定を生かした話あり、本格ミステリのパロディ風作品ありといろいろ楽しめます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[本] 返した本


『Write Great Code Vol.1』 (Randall Hyde)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

[本] 後半、斜め読みだったけど、どうにかこうにか最後まで読み終えた本


『Write Great Code Vol.1』(Randall Hyde)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[本] 診察に待っている間に読み終えた病院に置いてあった本

『生協の白石さん』(白石昌則 東京農工大学の学生の皆さん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[本] 読みきれそうにないので、早目に延長手続しようと思ったら、予約が入っていて、延長できず、読んでしまわなければならなくなった本


『Write Great Code Vol.1』(Randall Hyde)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

[本] ちびちび読むつもりだったのに、一気に読んでしまい、読みたいと思っている人が他にもいるかも知れないと思ったので、雨が降ってたけど、図書館まで返しに行った本


『死神の精度』 (伊坂幸太郎)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Title]「橋の隅にキズ」の元ネタ


「蜂の巣にキス」(ジョナサン・キャロル)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[本] 届いた本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

[本] 薄くて読みやすそうだから借りてきた本


死神の精度」(伊坂幸太郎)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[本] 半分以上読んだけど、どうしてもストーリーに入りづらく読みづらかったので、返すことにした本


「蜂の巣にキス」(ジョナサン・キャロル)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Title] 「東京ぷりん」の由来


「東京ぷりん」なるお土産があるかどうか知りません。
「東京プリン」なるアーチストはいるみたいです。
元ネタは



「トーキョー・プリズン」(柳広司)



そうです。もうネタを思いつかないので、最近読んだ本のタイトルからもじってます。
しかも何の意味もありません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

[本] 最近、図書館で借りるのは1度に1冊だけと心に誓ったので、借りるのをあきらめた本


「The TEAM」(井上夢人)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[本]図書館で予約していた本が取置状態になったので、借りてきた本


「Write Great Code (vol.1) ハードウェアを知り、ソフトウェアを書く」(Randall Hyde)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[本] 2冊買って帰るのは重いので、1冊だけに絞り込み、買って帰った本


「ASP.NETでいってみよう」(松本美穂)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[本] 2冊買って帰るのは重いので、1冊だけに絞ろうと思い、買うのをやめた本


「ふつうのHaskellプログラミング」(青木峰郎)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[本] 本屋で立ち読みして、GHCでないと駄目か、HUGSじゃ駄目か、Vine Linuxではどうやってインストールすればいいのだろう、HUGS使ってGHCをインストールできるんだろうか、などとあれこれ考えてしまった本


「ふつうのHaskellプログラミング」(青木峰郎)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[本] 待ち時間の暇つぶしに読むつもりで持っていくつもりだったのに、うっかり家に忘れてしまった本


「蜂の巣にキス」(ジョナサン・キャロル)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

[Title] タイトルの由来(No.25 - No.26)


元ネタだけ。



「良い書はみんな店頭へ」の元ネタは「良い子はみんな天国へ」。



「少年はハッカーを夢見る」の元ネタは「少年は探偵を夢見る」。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

[本] ダーク・ファンタジーじゃなくて普通のミステリらしいと知ったので借りたら、中に文春文庫のしおりが挟んであった創元推理文庫の本


『蜂の巣にキス』(ジョナサン・キャロル)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[本] あまりの面白さに一気読みしてしまい、そのまま返却した本


『トーキョー・プリズン』(柳広司)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

[本] 返した本


『少年は探偵を夢見る』(芦辺拓)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »