« [Haskell] YAHT | トップページ | [Haskell] YAHT bracket »

2006年9月17日 (日)

[Haskell] YAHT case式


5.2まで読んだ。



Exercise 5.1 で何も考えずに



case name of
"John" -> ...
"Simon" -> ...
...
otherwise -> ...


と書いた。エラーにならなかった。
これって正しいんだろうか。



解答例は



case name of
"John" -> ...
"Simon" -> ...
...
_ -> ...


なんだけど。guardじゃないんだから、_を使うべきなんでしょうね。



どうも、otherwiseじゃなくてhogeとか何でもいいっぽい。うーむ。


|

« [Haskell] YAHT | トップページ | [Haskell] YAHT bracket »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Haskell] YAHT case式:

« [Haskell] YAHT | トップページ | [Haskell] YAHT bracket »