« [Ruby] Win32OLE | トップページ | [Soft] Vim in Cygwin »

2007年1月27日 (土)

[Ruby] Win32OLE (1.9 New feature)


1.8 では WIN32OLE::ARGV を使うしかなかったが、
1.9 では WIN32OLE_VARIANT を使うこともできる。



ie = WIN32OLE.new('InternetExporer.Application')
...
ie.execWB(19, 0, nil, 1)
puts WIN32OLE::ARGV[3]





ie = WIN32OLE.new('InternetExporer.Application')
...
obj = WIN32OLE_VARIANT.new(nil,
WIN32OLE::VARIANT::VT_VARIANT|WIN32OLE::VARIANT::VT_BYREF)
ie.execWB(19, 0, nil, obj)
puts obj.value


と書くことができる。



ふと思ったのだが、



obj = WIN32OLE_VARIANT.new


は、



obj = WIN32OLE_VARIANT.new(nil,
WIN32OLE::VARIANT::VT_VARIANT|WIN32OLE::VARIANT::VT_BYREF)


というのはどうだろうか。


|

« [Ruby] Win32OLE | トップページ | [Soft] Vim in Cygwin »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Ruby] Win32OLE (1.9 New feature):

« [Ruby] Win32OLE | トップページ | [Soft] Vim in Cygwin »