« [本] 猫島ハウスの騒動(若竹七海) | トップページ | [Scheme] YAHTの次はSICP »

2007年2月11日 (日)

[Ruby] Win32OLE


WIN32OLE_VARIANT関連を少し修正。



[ruby-talk:237516]を意識して、



include WIN32OLE::VARIANT
obj = WIN32OLE_VARIANT.new(nil,
VT_ARRAY|VT_DISPATCH|VT_BYREF)


というのをありにした。
VARTYPEは設定するけど、SAFEARRAY領域は確保しない。



VBScript の



Dim ary()


と雰囲気だけ近いようなイメージ。
(実際には VBScript は、VT_VARIANT|VT_BYREFで渡す(参照渡し)ので、
同じではない。)


|

« [本] 猫島ハウスの騒動(若竹七海) | トップページ | [Scheme] YAHTの次はSICP »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Ruby] Win32OLE:

« [本] 猫島ハウスの騒動(若竹七海) | トップページ | [Scheme] YAHTの次はSICP »