« [Ruby] WIN32OLE_VARIANTをどこまで便利にするか | トップページ | [Ruby] Win32OLE の ToDo »

2007年2月24日 (土)

[Ruby] WIN32OLE_VARIANTのメソッド


WIN32OLE_VARIANTで、VT_ARRAYのときだけは、配列なので、
[]メソッドと[]=メソッドが使えるようになっている。
実装方法としては、




  1. VT_ARRAYのときだけ、WIN32OLE_VARIANTオブジェクトの
    シングルトンメソッドとして定義。



  2. WIN32OLE_VARIANTのインスタンスメソッドとして定義しておいて、VT_ARRAY
    以外のときは、NoMethodError などの例外を raise する。



  3. 最初から、VT_ARRAYとそれ以外でクラスを分ける。




などを考えた。



試しに、trunkでは、1.を採用してみたのだけど、2. の方が



WIN32OLE_VARINAT.instance_methods


としたときにメソッドの存在がわかるので、ユーザーに優しくて良いかも。



1. はRubyっぽくなくてJavaScriptっぽいかもしれない。


|

« [Ruby] WIN32OLE_VARIANTをどこまで便利にするか | トップページ | [Ruby] Win32OLE の ToDo »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Ruby] WIN32OLE_VARIANTのメソッド:

« [Ruby] WIN32OLE_VARIANTをどこまで便利にするか | トップページ | [Ruby] Win32OLE の ToDo »