« [Ruby] Win32OLE 0.9.9 | トップページ | [Ruby] WIN32OLE_VARIANTのメソッド »

2007年2月24日 (土)

[Ruby] WIN32OLE_VARIANTをどこまで便利にするか


あまり、不便なのもどうかと思ったので、
WIN32OLE_VARIANTの値の変更は、できるようにした。



あと、
VT_ARRAYのときは、Array並みに機能てんこもりにするとか、
WIN32OLE_VARIANTオブジェクトの演算をできるようにするとか、
Variant Type を動的に変更できるようにするとか、
いろいろ、考えられる機能はある。



なんだけど、便利になって、WIN32OLE_VARIANTばかり使われるようになるのもどうかと思うので、
今のところ、これらの機能の実装については保留。



どうしても必要だとか、こういう場合に便利だから欲しいとか、
要望があったときに改めて考えることにする。


|

« [Ruby] Win32OLE 0.9.9 | トップページ | [Ruby] WIN32OLE_VARIANTのメソッド »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Ruby] WIN32OLE_VARIANTをどこまで便利にするか:

« [Ruby] Win32OLE 0.9.9 | トップページ | [Ruby] WIN32OLE_VARIANTのメソッド »