« [本] 長編だと思って借りて読んでみたら、ちょっとしたどんでん返しのある海外を舞台にした少し読後感が重いミステリ短編集だった本 | トップページ | [英語] コンピュータが登場するなど現代的になり、事件もどちらかと言えば日常の謎に近い物になり、視点もNancyの一人称になって大人びた雰囲気が出てきて、こっちの方が好きかもと思ったNancy Drewの新シリーズの1冊目 »

2007年9月 9日 (日)

[英語] これから多聴も多読に負けず劣らず情報を整備していくよという動きが感じられる創刊1周年秋号を向かえた雑誌


多聴多読マガジン



多読に関しては、多読三原則、YL(読みやすさレベル)など多読を始める上で
非常に参考になる情報があったのだが、
多聴に関してはその辺りの情報が少ない(情報が整理されていない)と感じていた。



創刊1周年秋号には
多聴三原則やKL(聴きやすさレベル)といった貴重な情報が掲載されている。
多読ほどの充実度には達していないけど今後に期待している。



多聴=シャドーイングだと思っていたけど、
必ずしもそういうことではなかったらしい。


|

« [本] 長編だと思って借りて読んでみたら、ちょっとしたどんでん返しのある海外を舞台にした少し読後感が重いミステリ短編集だった本 | トップページ | [英語] コンピュータが登場するなど現代的になり、事件もどちらかと言えば日常の謎に近い物になり、視点もNancyの一人称になって大人びた雰囲気が出てきて、こっちの方が好きかもと思ったNancy Drewの新シリーズの1冊目 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [英語] これから多聴も多読に負けず劣らず情報を整備していくよという動きが感じられる創刊1周年秋号を向かえた雑誌:

« [本] 長編だと思って借りて読んでみたら、ちょっとしたどんでん返しのある海外を舞台にした少し読後感が重いミステリ短編集だった本 | トップページ | [英語] コンピュータが登場するなど現代的になり、事件もどちらかと言えば日常の謎に近い物になり、視点もNancyの一人称になって大人びた雰囲気が出てきて、こっちの方が好きかもと思ったNancy Drewの新シリーズの1冊目 »