« [本] ミステリのためだけのとことん人工的なあり得ない世界を構築してしまった本格ミステリ | トップページ | [Ruby] Ruby関係の英語の本 »

2007年11月25日 (日)

[英語] 謎解き部分がちょっと物足りない気がするけど、子供向けだと馬鹿にはできない一級品のサスペンス小説

父親の叔父が転落事故で怪我をしたため、手伝いに来たJulie。叔父は転落したのは事故ではなくて、誰かの罠だと言い張る。 Julieは叔父を信じて自分で調査を始める。

古い時代の話のつもりで読んでいたら、途中で電子メールとかチャットとか出てくるので、あれっ?と思って良く見たら2002年の作品でした。 ある部分の謎解きはしっかりしているんだけど、肝心の部分は謎解きが無くてちょっと残念。 それでもサスペンス小説としては楽しめた。 英語は易しいけど一級品。さすがエドガー賞を4度も受賞しているだけのことはある。

ただいま 英語 1778207語。

|

« [本] ミステリのためだけのとことん人工的なあり得ない世界を構築してしまった本格ミステリ | トップページ | [Ruby] Ruby関係の英語の本 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [英語] 謎解き部分がちょっと物足りない気がするけど、子供向けだと馬鹿にはできない一級品のサスペンス小説:

« [本] ミステリのためだけのとことん人工的なあり得ない世界を構築してしまった本格ミステリ | トップページ | [Ruby] Ruby関係の英語の本 »