« [英語] 多聴の進め方 | トップページ | [Ruby] Win32OLEにおけるRuby 1.9と Ruby 1.8の違い »

2008年1月 5日 (土)

[英語] 読み応えのある女性記者が主人公のミステリ

Ireneが尊敬していたかつての先輩記者 O'Connorが爆殺される。 Ireneは、O'Connorが手がけていた事件を引き継ぐため、事件記者として復帰を決意する。

女性記者のIreneが主人公であるが、丹念に事件を取材して事件の謎を解明していく様は、警察小説のようである。 大がかりなトリックはないけれど、読み応え十分なミステリ。

レベル8にしては、英語はわりと易しめで、すらすらと読めた。 Grime and Punishment (Jill Churchill) よりも易しかった。

印象に残ったのは、Ireneに刑事が警告した「Promise me you won't try to play Nancy Drew.」という台詞。多読のおかげで、Nancy Drewシリーズも何冊か読んでいたので、どういう意味かすぐにピンときた。たとえに出てくるくらい、Nancy Drewはメジャーらしい。

翻訳は、『グッドナイト、アイリーン』。

ただいま 英語 2142627 語。

|

« [英語] 多聴の進め方 | トップページ | [Ruby] Win32OLEにおけるRuby 1.9と Ruby 1.8の違い »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [英語] 読み応えのある女性記者が主人公のミステリ:

« [英語] 多聴の進め方 | トップページ | [Ruby] Win32OLEにおけるRuby 1.9と Ruby 1.8の違い »