« [英語] 過去の小さな学校に行く兄妹 | トップページ | [英語] 大地震発生直前のサンフランシスコに行った兄妹 »

2008年6月25日 (水)

[本] 犯人の動機の伏線の張り方が上手いミステリ

ホラーとミステリを融合させた刀城言耶シリーズ第4弾。

融合度合はミステリ色が濃くてホラー色はかなり薄味で、ホラーが苦手な私でもすんなりとミステリとして楽しめた。

前作『首無の如き祟るもの』と比べるとミステリとしての衝撃度は落ちるが、 最後のどんでん返しで明かされる真犯人の動機とその伏線の張り方は上手く、けれん味たっぷり。

ホラー色が薄味だとはいえ、真犯人の動機や行動、最後のオチをよくよく考えてみると、 じんわりとホラーとしての恐ろしさを感じてしまう作品である。

|

« [英語] 過去の小さな学校に行く兄妹 | トップページ | [英語] 大地震発生直前のサンフランシスコに行った兄妹 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [本] 犯人の動機の伏線の張り方が上手いミステリ:

« [英語] 過去の小さな学校に行く兄妹 | トップページ | [英語] 大地震発生直前のサンフランシスコに行った兄妹 »