« [英語] 翻訳が出版されたので原書を読むことにしたダイヤモンド警視シリーズ | トップページ | [英語] 子供向けなのにさっぱり聴きとれないピーター・ラビットの話 »

2008年8月 9日 (土)

[Ruby] Win32OLEの1.8と1.9の違い(その4)


5. WIN32OLE_TYPELIB クラスが追加された。



1.9でTypelibの情報を得るためのクラスが新たに追加されました。
また、WIN32OLE_TYPELIB オブジェクトを返す WIN32OLE#ole_typelib メソッドが追加されました。



次のスクリプトが動くようになります。



ie = WIN32OLE.new('InternetExplorer.Application')
puts ie.ole_typelib.name # => "Microsoft Internet Controls"
ie.quit


1.8では、WIN32OLEオブジェクト(OLEサーバー)と
そのオブジェクト(OLEサーバー)に関係する情報が格納されているTypelib(タイプライブラリ)の情報を
直接結びつけることができなかったのですが、1.9で、できるようになりました。


|

« [英語] 翻訳が出版されたので原書を読むことにしたダイヤモンド警視シリーズ | トップページ | [英語] 子供向けなのにさっぱり聴きとれないピーター・ラビットの話 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Ruby] Win32OLEの1.8と1.9の違い(その4):

« [英語] 翻訳が出版されたので原書を読むことにしたダイヤモンド警視シリーズ | トップページ | [英語] 子供向けなのにさっぱり聴きとれないピーター・ラビットの話 »