« [本] 東京創元社のお得意の日常の謎連作短編ミステリ | トップページ | [Ruby] 1.9.1 リリース »

2009年1月25日 (日)

[本] 傑作になり損ねた誘拐ミステリの佳作

普通の誘拐ミステリかと思いきや、そこにちょっとした不可能興味を加えてみたり、 予想のつくものの、著者お得意のちょっとしたどんでん返しを交えたり、 身代金を要求しない犯人が登場したりと、途中、退屈させないところはさすが。 更に予想のつかない真相が待ち構えている。

ただ、最後の章が、ちょっと浮いてしまっているように見えるところが惜しい。 それまでの章が伏線になっているのもわかるが、ちぐはぐな印象を受けた。 辛い評価かも知れないが、その分だけ差し引いて傑作じゃなくて佳作。

いずれにしても、一筋縄ではいかない誘拐ミステリである。 一読の価値あり。

|

« [本] 東京創元社のお得意の日常の謎連作短編ミステリ | トップページ | [Ruby] 1.9.1 リリース »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [本] 傑作になり損ねた誘拐ミステリの佳作:

« [本] 東京創元社のお得意の日常の謎連作短編ミステリ | トップページ | [Ruby] 1.9.1 リリース »