« 2009年2月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

[Ruby] RSpec, RSpec-Rails


1.2.5 がリリースされた。



Ruby (Rails) のためのBDDのためライブラリ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Ruby] Seasar2

.NET用とかあるのは知っていたが、 S2Container.Ruby なんてものができていたとは、知らなかった。

じっくり考えてみたことがないのですが、 Rubyの場合、Seasar2 みたいなものがあるとどのくらい嬉しいんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Ruby] ar_amiler


1.3.2 がリリースされた。



ActionMailer用のメール配送エージェント。
一旦、メールをデータベースに保存した後、別プロセスでメールを送信する。



一度に大量のメールを送信したいときに、時間をずらして送信したり、分割送信したりできるのかな?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Ruby] BlueCloth


2.0.1 がリリースされた。



テキストをHTMLに変換するMarkdownというソフトのRuby版。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

[Ruby] Dfect

0.1.0 がリリースされた。

F、E、C、Tの4つのassertionメソッド(と、! と ? の組合せ)から構成されるシンプルなテストライブラリ。 D は Description、F は False、E は Exception、T は True を意味しているらしい。 C は Symbol なのかな?

C は Catch の Cだそうです。(2009/04/30 追記)

ちょっと試してみた。 スクリプトはこんな感じ。

 require 'dfect/auto'
 D "This is first test using dfect" do
   a = "A"
   F{a == "B"}
   E{b == a}
   C(:a){throw :a}
   T{a == "A"}
 end
 D "This is second test using dfect" do
   a = "A"
   T!{a == "A"}
 end

で実行結果は

 --- 
 :execution:
 - This is first test using dfect: []
 
 - This is second test using dfect:
   - fail: block must yield false (nil || false)
     code: |-
       [6..13] in t.rb
          06   C(:a){throw :a}
          07   T{a == "A"}
          08 end
          09 D "This is second test using dfect" do
          10   a = "A"
       => 11   T!{a == "A"}
          12 end
          13
     vars:
       a: A
     call:
     - t.rb:11:in `block in <main>'
 :statistics:
   :passed_assertions: 4
   :failed_assertions: 1

つい、うっかり defect と入力してしまうよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

[Soft] gcc-4 on Cygwin


もう -mno-cygwin オプションはサポートされなくなってしまうのか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

[Ruby] Rice


1.1.0 がリリースされた。



Rice は、Ruby Interface for C++ Extensions の略。



C++ で Ruby の拡張ライブラリをより簡単に書けるようにするための C++ のインターフェース。



1.8.6と1.8.7と1.9.0には対応しているけど残念ながら1.9.1には対応できていないらしい([ruby-talk:335170])。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

[Ruby] 一週間が経過


このブログで、Rubyのライブラリやアプリケーションのリリースメモを書くようになって一週間が経過した。
これを始めた理由は、最近、自分がRubyの情報に疎くなっているような気がして、それを何とかしたいなあと思ったから。
何をするかをちょっと考えて、まずは、試しに一週間だけ、ruby-talk の中から、
メールの subject に [ANN] とついているリリースのメールを抜き出して、それをブログに書いてみることにした。



わかったことは、




  • ほぼ毎日、何かしらのリリースがあって、その情報が ruby-talk でアナウンスされる。



  • リリースされたという情報を書くだけなら何とか続けられるかも。



  • 全部試したり評価したり、内容に踏み込むだけの余裕は無い。




というようなところ。



もう少し続けてみよう。



決めたことは




  • もう少し続けてみる。



  • できる限り気をつけるけど全部、無理にピックアップしようとしない。



  • 気が向いたものだけ試してみる。




ぐらい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Ruby] rake-compiler


0.5.0がリリースされた。



Ruby の C拡張ライブラリをrubygemsで扱いやすくするためのツール。
クロスコンパイルもサポートしている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Ruby] Rack


1.0がリリースされた。



WebサーバとWebアプリケーションの仲立ちをするラッパというかミドルウェア。
Rack 経由で Web アプリケーションを開発すれば、Webサーバーが変わっても、
アプリケーションの変更は必要なくなる。
Webアプリケーション開発でも使えるんだろうけど、
主としてWebアプリケーションフレームワーク開発者向けのライブラリか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

[Ruby] win32-clipboard


0.5.0がリリースされた。



Windows のクリップボードをRubyから扱うためのライブラリ。
テキスト以外にイメージやファイルなども扱えるらしい。
また、クリップボードが変更されたかどうかをモニタリングするためのメソッドも追加された。



画像(PNG)をクリップボードにコピーして



require "win32/clipboard"
File.open('image.png', 'wb'){ |fh|
fh.write Win32::Clipboard.data(Win32::Clipboard::DIB)
}


とかやれば、image.png に保存できます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Ruby] gem grep


最初のリリースが公開。



その名のとおり、RubyGems の gem search コマンドを拡張して、
便利な検索ができるようになる gem コマンドの plugin らしい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

[Ruby] yoda


1.0.0がリリースされた。



RSpecみたいなものなのかな。
ちょっと試してみたけど、yoda.rb のコールスタックも出てしまうのが鬱陶しい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Ruby] Diamondback Ruby(DRuby)


最初のバージョンがリリースされた



大ざっぱに言うと、Ruby スクリプトの型チェックをするツールということでいいのかな。



DRubyってどっかで似たような名前を聞いたような気が(←Rubyの標準ライブラリにあります)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

[英語] ついに警官として復帰するモンク

結構前に読み終わっていたのだが、ここにメモするのを忘れていた。

警官がストライキに入ってしまったものだから、市長は、Monkを警部として復帰させる話。 Monk の部下も一癖も二癖もある者ばかりだし、ストライキ中の警官たちも、復帰したMonkのことを快く思うはずもなく...。

Monk と Stottlemeyer との男同士の不器用な友情が垣間見えるシーンがいい味出している。 モジュラー型警察小説として楽しめる作品。

翻訳は、『モンクと警官ストライキ』。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[英語] 2人の助手が共演する名探偵モンクシリーズ

シャローナとナタリーが夢の共演。モンクファンにとっては見逃せない1作。 終盤はガチガチの本格ミステリも顔負けの怒濤の展開で一気読みしてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Ruby] Wilson


1.0.1がリリースされた



pure ruby な x86 アセンブラらしい。



ちょっと試してみたけど、



$ ruby -v t.rb
ruby 1.9.2dev (2009-04-17) [i686-linux]
(...) wilson.rb:7:in `<module:Ruby>': uninitialized \
constant DL::Importable (NameError)


とwilsonライブラリそのものでエラーになってしまった。



DL::Importableって1.9.1では消えていて、DL::Importerになっているみたいだけど
単純に、ImportableをImporterにしただけでも別のエラーが出てしまった。
あきらめた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Ruby] isi


1.2.0がリリースされた



ISI Export 形式を BibTeX 形式に変換するコンバータらしい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

[Ruby] ffi-swig-generator


0.3.0がリリースされた



ruby-ffi のコードを生成するツールらしい。
ruby-ffi というのは、外部の動的ライブラリを呼び出すことができる拡張ライブラリらしい。
ということは、dlみたいなものか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

[Ruby] rubytest.vim


0.9.0がリリースされた
これが最初のリリースらしい。
Vim 使いで、Rubyのテストコードを書いているときに便利かも。



ちょっと試してみたけど上手く動かなかった。
なんかテストのファイル名とかいろいろ制約がありそうなので、その制約に従ってテストを書いてないからかも知れない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

[Ruby] logging


log4rと比べてどうかという話が [ruby-talk:334321] にて出ている。




  • log4rと同じ機能を提供している。



  • 複数プロセスが同じログファイルを利用するときのログローテーションにも対応。



  • JSON や YAML 形式でのログ出力ができる。




ということのようだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Ruby] Ruby-GetText-Package


2.0.1が公開された


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Ruby] Ruby-Locale と Ruby-Locale for Ruby on Rails


2.0.1が公開された


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Ruby] Lab419::functional


0.1.2aが公開された



ruby の -v オプションつきで実行したときに表示されていた warning message
が表示されなくなった。


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年4月18日 (土)

[Ruby] logging


1.0.0が公開された



その名の通り、Rubyでログを残すためのライブラリ。
Java のログ採取のライブラリでお馴染みの log4j の設計に基づいて開発されている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Ruby] Lab419::functional


0.1.2が公開された



Perl6 のJunctions 相当の機能を pure ruby で実装したものらしい。



試してみた。



 $ cat t.rb
 require 'lab419/functional/junctions'
 puts([1,2,3].any.odd?)
 puts([1,2,3].one.odd?)
 puts([1,2,3].none.odd?)
 puts([1,2,3].all.odd?)
 include Lab419::Junctions
 puts(all(1,2,3) > 2) # include Lab419::Junctions が必要。
 
 $ /usr/local/trunk/bin/ruby t.rb
 true
 false
 false
 false
 false


ちなみに 419 は、for 1.9 のこと。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Ruby] Verify 0.2


シンプルなテストツール。



Almost nothing to learn, one wrapper method and three test methods


を目指しているらしい。



wrapper method は、Verify で、three test methods は、verify, refute, verify_exceptionsの3つみたい。



ちょっとだけ試してみた。



 $ cat t.rb
 require 'verify'
 a = 1
 b = 2
 Verify do
  verify do a == 1 end
  verify do b == 1 end
 end
 $ ruby -v t.rb
 ruby 1.9.2dev (2009-04-17) [i686-linux]
 Error: in t.rb:6:in `block in <main>'
 
 Verifications: 2, failed: 1, succeeded: 1 ( 50.00%)
 ****************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年5月 »