« [Ruby] Rumai | トップページ | [Ruby] Ruby »

2009年5月11日 (月)

[Ruby] 初心者から中、上級者までカバーしている Rails 本

一応、最後までざっくりと読んでみた。以下、感想というか、思いついたことなどを箇条書き。

  • 初心者だけをターゲットにした入門書とは一味違って、幅広く深く、中、上級者向けの内容までカバー。

  • Railsの開発で著者たちが経験したノウハウが、この本に活かされている。

  • Railsを仕事の開発で使うには、どうすべきかというところまで、意識している。

  • Deploymentの章を読んで、Phusion Passenger を初めて知った。

  • ActiveResourceの例は、Ruby 1.9.1 + Rails 2.3.2 ではパッチを適用しないと動かなかった。(この一連のスレッドの中でパッチが公開されている)。

  • PaginateがRails 2.0 では標準で入っていないと解説していながら、Ajaxの例でPaginateと思われるものが使われているコードが出てきて、ちょっとちぐはぐな印象を受けた。

いずれにせよ、Railsの今を知ることのできる良書であることは間違いない。

|

« [Ruby] Rumai | トップページ | [Ruby] Ruby »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Ruby] 初心者から中、上級者までカバーしている Rails 本:

« [Ruby] Rumai | トップページ | [Ruby] Ruby »