« [Ruby] RubyKaigi 2009 2日目 | トップページ | [Ruby] RSpec »

2009年7月19日 (日)

[Ruby] RubyKaigi 2009 3日目

最終日。メモを一切取ってなくて記憶を頼りに書くので、内容に誤りがあるかも知れません。 記載漏れは山ほどあります。多分。

朝、ちょっとだけ遅刻。 ささださんと遭遇。名札に名前を書いてくださいと注意される。 裏返しになってただけだと引っくり返してみせたら、裏にもちゃんと名前を書けと更に叱られる。 去年までは葉書だったのに...。

Edo Cabinet の話を聴く。 メトロー ジョンさんは日本語で話してくれているので助かる。 key-value ストアって、単にkeyとvalueだけをストアする単純なものかと思っていたら、そんなことはないのだと初めて知った。 更に、RDBのSQLみたいに、where 条件による検索条件指定とか order by による並べ替えみたいなことができるらしい。 巧いことやれば、Sequel あたりから利用できるようになったりするかもと思ったりした。

keyには文字列しか指定できないと説明されていたので、key に Symbol を指定できるようにする予定があるかと質問してみた。 今のところ予定はないみたいな回答だったと思うんだけど、その直後に別の人から、うっかりSymbol指定したらSEGVするので、 是非とも対応して欲しいと要望が出たら、頑張って対応するという話だった。

全く実装を見てないので、どうかわからないですが...。 Symbolをダイレクトにキーとして扱うのは厳しいと思いますが、 引数がSymbolだったらStringに変換してから後続の処理をするようにすれば、そんなに難しい話ではないと思うんだけどな。 (名前つき引数をハッシュで対応する部分で、Win32OLEでもSymbolからStringへの変換をしてる経験から語ってます。)

Checking Interactively Developed Codeってのは、irb でRubyのスクリプトを型チェックできるようにする話。 1回、1回、irb にコピーするのは面倒だと思うんだけどな。 学生さんで、まだ論文を仕上げていないので、オープンソースで公開することは難しいかもとのこと。 英語は速いけど、昨日よりは、ほんのちょっぴり聴き取れたような気がする。

To the Edge of Web Performance and Beyond は、W3Cの規格の話、だったのかなあ。 こうやるとうまくいったという話ではなかったような気がする...。

早く終わったので、中会議場へ行った後、特別会議室へ行ってみる。 もう既に質疑応答の時間になっていた。 ドイツでは、Rubyの情報が入ってこなくて、 たまに svn up するとソースがいっぱい更新されてびっくりするけど、日本だと情報が入る分、事情が違うんじゃないかというような話があって、 かずひこさんが、「For Japanese, it's same.」(若干違っていたかも) と伝えていた。 ちなみにWin32OLE以外については私も同じです。

昼休み。 名刺交換したら、本業の方でわりとつながりのある人が、Ruby のコミッターの一人だと判明した。

午後もまた英語枠。 How Lazy Americans Monitor Servers。 どうやってRubyを使ってサーバーを監視するかみたいな話だと思ったけど、睡魔に襲われて、ちゃんと聴いてませんでした。

最後の英語枠。 日本語交じりである。 スライドに書かれている日本語をストレートに訳したわかりやすい英語で喋ってくれている。 そのおかげで私でも、それなりに聴き取れて楽しめました。 ちなみに、enterprise は、 このサイトでも取り上げていて、 更に日本語がどう扱われるのかもちょっとだけ試してます

RubyKaigi 2009 で、(Lightning Talksを除けば)私にとって最初の日本語枠、角谷さんの話を聴く。 私自身、ちょっと思うところはあるのですが、それは、また別の機会に書くかも知れないし書かないかも知れない。

基調講演。 多分、会長よりもRuby歴はちょっとだけ長いよなあと思いながら話を聴く。 全然、Rubyとは関係ないことで、思うことはあるのですが、ここには書きません。

CLOSINGの後、最後の最後のreject会議。 永井さんの話のときに、ドラを叩こうと待ち構えていたドラ娘がドラを叩けなくてがっかりしているリアクションが面白かった。

ということで、参加された皆様、お疲れ様でした。 スタッフの皆様、スポンサーの皆様、ありがとうございました。

|

« [Ruby] RubyKaigi 2009 2日目 | トップページ | [Ruby] RSpec »

コメント

> RDBのSQLみたいに、where 条件による検索条件指定とか order by による並べ替えみたいなことができるらしい。
これは、Tokyo CabinetのTable DatabaseのAPIであって、Hash DatabaseやB+ Tree Databaseのような"Key-Value store"のAPIではできないはずです。

> 日本だと情報が入る分、事情が違うんじゃないかというような話があって、かずひこさんが、「For Japanese, it's same.」(若干違っていたかも) と伝えていた。
あ、そういう話でしたか。具体的な発言は覚えていないのですが、「日本でもsvn upでぎゃっということはあるよ」みたいな発言だと思って、ああいう英語で表現した気がします。

投稿: かずひこ | 2009年7月20日 (月) 23時42分

>これは、Tokyo CabinetのTable DatabaseのAPIであって
ああ。なるほど。key-value store 一般の話じゃなくて Tokyo Cabinet 限定の話ってことですね。

> あ、そういう話でしたか。具体的な発言は覚えていないのですが、「日本でもsvn upでぎゃっということはあるよ」みたいな発言だと思って、ああいう英語で表現した気がします。
私も記憶があやふやです。しかも、話の途中から聞いたので、完全に勘違いしているかも知れません。

投稿: suke | 2009年7月21日 (火) 00時27分

>私も記憶があやふやです。しかも、話の途中から聞いたので、完全に勘違いしているかも知れません。
えーと。
(1)Danielさんは「日本だと違うんじゃないか」というような感じのことを言った。
(2)いや、日本でも事情は同じ。と誰かが言った。
(3)かずひこさんがそれを訳した。
という流れのつもりで書いてました。
なので、「日本だと違うんじゃないか」という発言は日本人の方の発言じゃなくてDanielさんの発言のつもりでした。
ていうかそんなこと一言も言ってないかも知れませんが...。

投稿: suke | 2009年7月21日 (火) 00時36分

groongaでもできますよ! < RDBみたいなこと

投稿: kou | 2009年7月21日 (火) 07時21分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Ruby] RubyKaigi 2009 3日目:

« [Ruby] RubyKaigi 2009 2日目 | トップページ | [Ruby] RSpec »