« [Linux] Vine Linux 4.2 で困ること | トップページ | [Linux] Debian 5.0 »

2009年10月11日 (日)

[Linux] Debian 5.0.3 の ThinkPad i1620 へのインストール

Debian 5.0 はどんな感じだろうかと思って、試しに ThinkPad i1620 にインストールしてみた。 debian-503-i386-netinst.iso をダウンロードしてきてCD-RWに焼いてインストール。

PPPoE を使わなくてはならないので、普通にインストールしないで、 インストールの最初の画面が立ち上がってきたところで、help を選択してプロンプトを表示させて

install modules=ppp-udeb

と入力してインストーラを起動。

後は、インストールの途中でプロバイダのユーザー、パスワードを入力すれば、普通にインストールできました。

GNOME は重い感じがしたので、fluxbox を後から追加インストール。 GNOME が立ち上がってきたらなんかアプリケーションの追加とインストールみたいなのが あったのだけど、fluxboxの探し方がわからなかったので、 ターミナルから

apt-get install fluxbox

してしまった。

ちょっと操作した感じだと、

  • 日本語の表示は問題無さそう。

  • 日本語の入力は漢字変換が怪しい動きをする。

  • ブラウザの表示は普通に使える。

  • 音の再生は問題無さそう。

  • 動画の再生は厳しそう。(ThinkPad i1620 なので仕方がないかも)

とりあえず感触をつかみたいだけなので、あと、Rubyのコンパイルも試してみよう。

PPPoEの接続のところで、pon poff とか知らなくてちょっと戸惑ったけど、後は普通に使えそうな感じ。

|

« [Linux] Vine Linux 4.2 で困ること | トップページ | [Linux] Debian 5.0 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。