« [Ruby] Rumix | トップページ | [Ruby] Rainbows! »

2010年1月 3日 (日)

[英語] 追いつ追われつノンストップのサスペンスノベル

The Bodies Left Behind(Jeffery Deaver)


女性警官が主人公のノンシリーズのサスペンス。


ある別荘に押し入った男二人組と、女性警官ともう一人の女性の二人組の追いかけっこの話。
男二人は女二人を殺そうと森の中を追いかけ、女二人は逃げ回るという話。
この手の話は、単調になりがちなので、いかに単調にならずにストーリーに起伏を持たせるかが鍵である。
そこは、さすがにDeaverのこと、手を変え、品を変え、小さなサプライズを随所に仕込みつつ、
ストーリーを転がしているので、読んでいて飽きることはない。
また、追いかける男二人と逃げる女性二人のお互いに相手の先手を取ろうとするための騙し合いの駆け引きが面白い。


残念な点は、最大のどんでん返しが予想できてしまうこと。
Deaverと言えば、どんでん返しがつきもの。
このため、手品の種をあれこれ予想しながら手品を見るかのごとく、
どんでん返しが何か予想しながら読んでしまう自分が悪いのかも知れない。
そこに拘らず、素直に楽しめばよいのかも知れないのだけど、Deaver なので、つい予想してしまうんだよなあ。


最大の大技のどんでん返しに気を取られてしまったせいか、他の小技は、全て、ふいをつかれてしまった。
特に事件の黒幕と動機は、全く予想外だった。


Deaver なので、期待してしまう分、点数は、どうしても辛くなってしまうのだけど、それでも十分楽しめるサスペンス。


ノンシリーズの作品なので、誰が主人公なのか役回りがわからなかったためか、
リンカーン・ライムシリーズより英語はちょっと難しく感じてしまった。


She wasn't a dupty now. Not a wife or a mother. She was the
wolf, a primitive creature, survival its only thought.

|

« [Ruby] Rumix | トップページ | [Ruby] Rainbows! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [英語] 追いつ追われつノンストップのサスペンスノベル:

« [Ruby] Rumix | トップページ | [Ruby] Rainbows! »