« [本] 今となっては古くなってしまったかも知れない本格ミステリ | トップページ | [本] わかりやすい統計の入門書 »

2010年5月29日 (土)

[本] 意外な著者が書いている統計の本

闘わないプログラマ でもおなじみのLeptonさんが書かれた統計の本。

確率分布、推定、検定などの統計の基本的なことを説明した入門書。 疑問に思いそうな点、ひっかかりそうな箇所では、 必ず、初心者らしき人と先生らしき人(Leptonさん?)が登場して二人の会話を通じた説明になっていてとっつきやすい。 こういうスタイルが苦手な人もいるでしょうが、 他の統計の本ではよくわからんという人や数学は苦手という人は、この本から入ってみるといいんじゃないかな。

|

« [本] 今となっては古くなってしまったかも知れない本格ミステリ | トップページ | [本] わかりやすい統計の入門書 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [本] 意外な著者が書いている統計の本:

« [本] 今となっては古くなってしまったかも知れない本格ミステリ | トップページ | [本] わかりやすい統計の入門書 »