« [Vim] Vim 7.3 | トップページ | [日記] QC検定 »

2010年8月30日 (月)

[Ruby] 日本Ruby会議 2010

初めて3日間参加した。体力的にきつくて3日目の午後はボロボロでした。
スタッフのみなさんは、もっときついんでしょうね。
お疲れ様でした。


以下、思いつくままに。



  • コミッターの人は、会場でハッキングばかりしているみたいなことを前田さんがおっしゃいましたが、
    私は一度もRuby会議(や他のカンファレンス)にPCを持参したことがなく、ハッキングをしたことがありません。

  • エディターは何を使っていますか?の質問に反射的に Ruby だから Vim に挙手したんだけど
    仕事は ASP.NET のため、Visual Studio の方が使っている時間は長いかも知れない。

  • かずひこさんに喋らないんですか?と聞かれました。
    喋らないですけど、(質問したいときに)質問をするという形でセッションには参加していたと今改めて思います。

  • artonさんとの会話により Win32OLE と Thread の問題について収穫を得ることができました。

  • 英語ができるようになりたい。

  • 誰と話したいかという紙に「IronRubyを知っている人」と書いたんだけど、「私が話をしたことが無い人」ということにしとけば良かったかも(話をしたことが無い人とも話すことができました)。

  • 初日にショッカー人形を忘れました。大失態です。2日目以降はちゃんと持って行きました。軍団をクビにならないように総統にアピールしておきました。

|

« [Vim] Vim 7.3 | トップページ | [日記] QC検定 »

コメント

マルチスレッドのやつをIGlobalInterfaceTableを使うように変えて試してみましたが難しいですね。このままでは無理っぽいですが、何かの参考になればどうぞ。http://www.artonx.org/diary/20100904.html#p01

投稿: arton | 2010年9月 4日 (土) 09時01分

ありがとうございます。
時間を取って見てみます。
STAでマーシャリングするってのも考えてるので、色々試してみたいと思います。

投稿: suke | 2010年9月 5日 (日) 18時35分

at_exit(stdlibのatexitのことだと勘違いしました)でできました。http://www.artonx.org/data/win32olepatch-2.txt

投稿: arton | 2010年9月10日 (金) 02時38分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Ruby] 日本Ruby会議 2010:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010年9月 3日 (金) 14時16分

« [Vim] Vim 7.3 | トップページ | [日記] QC検定 »