« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

[本] ワンランク上の英語らしい英語を書きたい人にオススメの本

英語で文章を書けるようになった人が、もうワンランク上の英語らしい英語、 自然な英語を書きたいときに参考になる本。

aとtheの違い、単数形と複数形の違い、前置詞の使い分け方などを英語を母国語とする筆者の視点から、 なぜそれが自然なのかを日本人にもわかりやすく、それでいて論理的に解説している。 読み易い本なのだけれど恐らく書くのは相当大変だったのではないかと思う。

たとえば、日本語で

私がプログラマーです。

私はプログラマーです。

は、どちらも文法的に正しいが、文脈によって「が」の方が適切なときもあれば、 「は」の方が適切なときもある。 日本人であれば、この違いはなんとなくわかるはず。 でも、いざ、この使い分けを外国人に説明しようとすると、かなり苦労するに違いない。 そもそも、なんとなく身についているので、日本人であれば、わざわざ論理的に考えて 使い分けたりしないのである。

それを考えると、英語を母国語とする著者が、 英語における「は」と「が」のような違いを 日本人に説明することは、難しかっただろうと想像がつく。

英語をあまり書けない人でも語り口調で読み易いのでエッセイとして楽しめばよいと思う。 (私も含めて)英語を書き慣れない人は、この本で読んだことを 100%活用することを考えない方がよい。 そんなことは気にせず、最初は英語を多く読み、多く書くことから始めるのがよいと思う。

私は、和英大辞典を壁に放り投げ、研究室の窓を開けて「日本語が嫌い」と叫んだ
ことがある。恐ろしいことに、それは、日本語で叫んだのである。かなり夢中にな
っていて、かなり頭がおかしくなっていたので、日本語に関しての不満を日本語で
言ってしまった。これは、自分からいうのはおかしいが、そういうような精神状態
を読者にも薦めたいと思う。
"read, read, read"の上にさらに"write, write, write"のあまり、フラストレーシ
ョンが高まってきて、頭がおかしくなり、"I hate English!" とつい英語で叫んで
しまうくらい、英語の「頭脳環境」に入ってみてほしいと思う。

普段、英語のミステリ小説を読むときは一々辞書を引かないし、日本語に訳すこともしない。 100万語多読の教えに従い、わからないところはそのまま読み飛ばすことにしている。 また、英語で書くときは、最初に日本語で書いて英語に訳したりは絶対しない。 最初から英語で書くことにしている。 日本語をスムーズに訳せるほどの英語力が私にはないからだ。

最後の問題として「英語の流れ」に熟達しようとするなら、なるべく日本語を頭から
追い払って、英語を英語として考えるしかないような気がする。

ということで道は遠く果てしないけど、英語との付き合い方は間違ってはいないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

[本] これってSFファンタジーじゃないのと思えてしまった本

本のカバーには「不思議なファンタジック・ミステリ」と紹介されているのだが、「ミステリ」とは違う気がする。 私はSF小説を読まないので、これがSFかどうか断定する自信がないのだけど、 敢えて言うなら、SFファンタジーとかファンタジック・SFに分類される小説だと思う。

ひょんなことから同じ家で暮らすことになった真と棗。 ある日を境に二人は、お互いの夢の中でしか逢うことができなくなってしまう。 どうやら真は事故で死んでしまったらしいことがわかってくる。 だが、真にはその自覚がない。どうして二人は夢の中でリアルに遭うことができるのか?そこにはどんな秘密が隠されているのか?

という感じで、この小説は、現実とはちょっとだけ違う世界(あの世とこの世が存在する世界)が用意されていてその世界のからくりを解き明かす話である。 確かにSF的な世界を用意してその世界だけで通用するロジックによって謎を解き明かすSFミステリというのがある。 だけど、この小説はそういったSFミステリとはちょっと違う気がする。 謎解きが、なんかミステリっぽくないというかロジカルでないというか。 うーん。伏線が無さすぎるのか。 というより伏線はいろいろあってちゃんと1つのストーリーに回収されているのだけど、謎を解くための伏線になっていない感じなのか。

ほんわかする話というのとはちょっと違う気がするが、実にふわふわとした読み心地のいい小説。 不思議と途中で読むことをやめることができなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

[Program] LINQ to SQL の Count

Count を使うときは、Where を使っちゃ駄目らしいということにやっと気づいた。


Dim c = Aggregate r From db.TABLE Where (r.COLUMN1 = 'value') Into Count

じゃなくて


Dim c = Aggregate r From db.TABLE Into Count(r.COLUMN1 = 'value')

と条件は、Count の中で指定する。紛らわしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

[Ruby] リファクタリングの本を読んだ

名著「リファクタリング」のRuby版。

ただ動くだけのRubyのコードを、保守しやすくわかりやすいRubyのコードにするには、どう書き直せば(どうリファクタリングすれば)よいかを教えてくれる本。Rubyの文法を一通り勉強してプログラムを書けるようになった初心者がステップアップするために読むべき本。

どういうコードの場合には、どういう手順で、どういう風に、わかりやすいコードにすれば良いか、カタログのように分類されていて、それぞれのリファクタリングに名前がつけられている。

まず、リファクタリングの名前が紹介され、続いてその概要、リファクタリングをする理由が説明される。その後、リファクタリングの具体的な手順が提示され、さらにサンプルの紹介が続く。手順やサンプルの紹介ではユニット・テストが失敗しないように細かい段階を踏むように解説してあるところが実践的でよい。

時には、テストに失敗しないためだけにメソッドを追加して、最後のステップでそのメソッドを消すような一見、回りくどい手順のように思えるものもある (「8.5 配列からオブジェクトヘ」)。が、これは先人の知恵であり、安全確実にしかも効率的にリファクタリングするための手順となっているはずなので、まずは手順に従ってやってみることだ。

また、メタプログラミングやブロックなどRubyならではと思われるリファクタリングもいくつかあるので、旧版を持っている人にも一読の価値はあると思う。

なお、Rubyの解説書ではないので、Rubyの解説書は別に用意しておく(あらかじめ、Rubyを知っている)必要がある。

リファクタリングとは、「申し訳ありませんができません」と決して言わない
ことである。ただ、修正すればよいのだ。

どうでもいいことだが、RubyUnitの作者であり、Ruby256本極道編の著者としては、次の一文が ちょっぴりショックだった(確かTalbottもTest::Unit以前に別のテストフレームワークを書いていたはず)。

Rubyには複数のテストフレームワークがあるが、Nathaniel Talbottが開発した
オープンソースのテストフレームワーク、Test::Unitがその最初のものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

[日記] twitter にアカウントをとった。

twitter やってないんですか? とRubyKaigiで聞かれたので、アカウントを取ることにしました。
suke は使われてたので、@m_suketa(という表記でいいのかな?)。
でも、モバイルとか、メールとかが苦手なので、つぶやかないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[日記] 軟弱者

軟弱者なので今日と明日は休み。のんびりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Ruby] RubyKaigi 2011 (第3日目)

3日目も本当に何もしていないんだけどやたら疲れた。で、記憶が曖昧なので、間違いがあっても無視してください。


ずっと大ホールの1日。



  • テスティングフレームワーク


    統一したインターフェースって大事だよね。


  • Rubyを持て、世界に出よう!


    きれいな英語を喋る人は少ないみたいな話があった。そうなのか。
    でも、逆にきれいな英語にしか慣れていないので、
    訛のある英語を聴き取るのはかなり難しいです。イギリス英語もかなり厳しい。



もうちょっとRubyと関わる生活をしたいな、Rubyでコード書きたいなと感じた3日間だった。


あと、今後、このような発表をされる機会のある方は、できるだけゆっくりと喋ることを心掛けた方が海外の人に伝わりやすいです。
日本語ができる海外の人でも早口で喋られると理解できないそうです。


逆に海外の人にもゆっくり喋ってもらえると嬉しいです。


If you would have a chance to speech English in Ruby Conference(or other conference), Please speech MORE SLOWLY.
Otherwise I could not understand you. (Sorry, I am a Japanese, and I am not good at English.)
If you speech more slowly, then maybe Japanese Rubyist (like me) could understand you.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

[Ruby] RubyKaigi 2011 (第2日目)

本当に何もしていないんだけどやたら疲れた。で、記憶が曖昧なので、間違いがあっても無視してください。

  • Actors on stage

    (本当のタイトルは違っていたと思うのですが、正確に覚えていないのでパンフレットに書いてあったタイトルです。ごめんなさい。)

    英語のスピードはそんなに速くなかった気がするんだけど、それでもついていけなかった。

  • Drip

    Drip 面白そう。なんかに使ってみたい。

  • たのしいRails

    Railsを使って何かするんじゃなくてRailsに対して何かするには、どういう風にすればよいかという話。 Railsに限定しなくても、一般的にオープンソースに貢献したいけど、どこから始めていいかわからない人にも参考になる話だったと思う。

  • Ruby マスターへの道

    なんでもかんでもどんな分野でもできるようになるのは無理というような話があって共感できた。

  • The Gate

    本日のメイン。3つの宿題か。自分の答えはすぐに出ないけど、いろいろと示唆に富んだいい話でした。 (すいません。消化不良です。)

  • Lightning Talk

    Rubyで作るOS。このOSってVMwareとかVirtualBoxとかでも動いたりするのかな?

  • 懇親会

    会場に辿り着くの難しい。一人だと途中でくじけてたかも知れない。

    海外の人とも話ができたのが収穫。Cookpad の中の人2人。1人はイギリス人のマイルズさんともう1人はオランダ人の方(すいません。名前を覚えてないです。) オランダ人の方は日本に10年くらい住んでいるそうで日本語ペラペラだった。 あと、オーストラリアの方とも話した。この方は、Railsを使ったことが無くて、DNAの研究にCRubyを使ってらっしゃるとのこと。 Win32OLEのメンテナをやっていると伝えたら、スプレッドシートにデータを貼りつけるのに使っているよと返事があった。 海外のWin32OLEユーザーと直接話したのは初めてかも知れない。ちょっと嬉しかった。

午後の話は半分うつらうつらしてしまったので、あまり記憶がない。本当に駄目駄目だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

[Ruby] RubyKaigi 2011 (第1日目)

  • Ruby Ruined My Life    
    英語が苦手な人もいるということもわかってくださっているのか、割とスピーチはゆっくりだった。   RubyKaigi2007のDaveの講演と同じくらい聴き取りやすかった気がする。      
    Win32OLEのコードを修正するのに私の許可が必要というつもりはありません。   コミットしてもらっても構わないです(リジェクトするかも知れないけど)。   ただ、パッチを投稿された場合には、取り込むか取り込まないか判断すべきなのが自分の役割なんだろうなと思ってます。
  • Next version of Ruby 1.8 and 1.9      
    別に発表しないし、関係ないと思って、お昼休みの打ち合わせには行きませんでした。   ruby-devでコミッターは質問に備えて前の方に座っとけというメールを事前に読んでいたので、一応二列目に座ってました。
  • Shipping at the Speed of Life      
    クラウドでのサービス提供は(ほとんど)していないという話が印象に残った。   多分、聴き取りやすい標準的なアメリカ英語だと思うのだけど、喋るスピードが速過ぎてついていけなかった。
  • Toggleable Mocks and Testing Strategies in a Service Oriented Architecture      
    多分、聴き取りやすい標準的なアメリカ英語だと思うのだけど、喋るスピードが速過ぎてついていけなかった。
  • Issues of Enterprise Rubyist      
    ビジネスよりの話。CRMシステムを作る企画みたいなのは私の部署でもあったので、   パッケージソフトよりもRailsの方がCRMシステムに向いているという話が印象に残った。   仕事柄、人前でプレゼンされることが多いのかな。ゆっくりとした落ち着いたスピードの話は聴きやすかった。
  • Ruby で作った "critical mission" システムについて      
    Ruby 1.9 では、Ruby 1.8 と違って、Thread は、OS のネイティブスレッドを使うので   バージョンアップの際にどう変わったか質問しようかと考えていたら、   別の方の質問に、今、現在も Ruby 1.8.2 を使っていると答えていらっしゃったので質問するのをやめた。
  • 闇RubyKaigi
    一番笑わせてもらいました。楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

[Program] LINQ to SQL

SQL文を知らなくてもデータベースアクセスができるということなんだけど、
VB.NET プログラマからすると、LINQという別の言語を学ばなくてはならないと感じたりしないんだろうか?
結局、負担はさほど変わらない気がする。


いや。まあ、シームレスにコードが書けることは認める。


でもって、


SELECT 
COUNT(*)
FROM
XXXTABLE
WHERE ITEM1 = 100

みたいなSQLをLINQでどう書くかわかんなくて撃沈。


from e in XXXTABLE WHERE e.ITEM1 = 100 INTO COUNT()

みたい(記憶を頼りに書いているから間違っているかも)に書いてもなんかSQL文に正しく変換できないとかいうエラー。
結局、解決できず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

[本] 普通の人にはオススメできないとんがった超本格ミステリ連作短編集

メルカトルかく語りき (麻耶 雄嵩)

普通の人が最初に読むミステリとしてオススメできない。 本格ミステリファンにもススメにくい。 本格ミステリマニアにならススメてもいいかな。 心の広い麻耶雄嵩ファンになら、オススメできる連作短編集。 (あの麻耶雄嵩の作品だからねと笑って許してくれるはずだから、オススメしても恨まれることはないと思う。多分。)

麻耶雄嵩の作品を読んだことがある人には毎度お馴染み、メルカトル鮎というなんだかよくわからない 名前の銘探偵が登場する連作短編ミステリ集。

最初の収録作は、なんか酷い。なんだこれは、もう残りは読むのをやめて、投げ出しちゃおうかと思うぐらい。 こんなんミステリ小説としてアリなのかと。

我慢して2作目を読んで、結局、本格ミステリのガジェットを撒き散らし、それを銘探偵が推理する論理のアクロバットの工程を楽しむ作品なのだろうなと理解した。 すっきりとした本格ミステリを期待している人はガッカリすること請け合い。

最も普通の本格ミステリに近い「収束」が好み。

「私にジレンマなどないよ。銘探偵に解決できない事件など存在しないからね。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[日記] Kindle3 を買った

携帯電話をはじめとして、iPadやiPhone など、その手の携帯端末は苦手なのだが、電子書籍リーダーであるKindleは気になっていた。 魔がさしてしまい、とうとう購入して昨日届いた。 注文してから4日で届くとは早いな。

カバーも一緒に買ったので、早速カバーをつけてみた。左手で持ってみた瞬間、「うっ。重い。」 Kindle3すら重く感じるって、自分の軟弱さ加減に我ながら呆れてしまう。 みんな、(本よりも)軽い軽いと言っていたので、期待していたのだけど、期待しすぎだった。

普段、私は、四六判やA5サイズの本は持ち歩かないし、せいぜい持ち歩くのは文庫本か新書サイズの本1冊である。 でもって最近、持ち歩く本と言えば、洋書のペーパーバックなので、日本の書籍よりよっぽど紙質が悪く軽いのである。 Jeffery Deaver の本などは、結構分厚いのだけど、その割には軽い。下手すると日本の文庫本よりも軽い。 今、持ち歩いているのは、The Serialist で、A5サイズだけど、Kindle3より軽く感じる。

もちろん、技術書を持ち歩くことを考えれば、軽いし、何冊も入れられるから、今までと読書スタイルが変わるかも知れない。

ということで、早速、PCにUSBで接続して、Ubuntu から mount -t vfat して、 The Pragmatic Bookshelfから入手しておいたmobiファイルをコピーしたら、ちゃんと読むことができた。 The Pragmatic Bookshelfは、pdf と mobi と epub の3種類のフォーマットのどれでもダウンロードできるようになってるところがいいよね。

mountして、フォルダを見て初めて気づいたが、audible というフォルダがあるのか。audibleの書籍を聴けるのね。 audible で買った書籍を聴きながら、Amazonで買った同じ書籍を目で読むということができるのかな。 英語の勉強にはいいかも。

あとで、日本語の書籍も試してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

[日記] 本が好き!にフォローの機能がついた

本が好き! にフォローの機能がついてニュースフィードのページができた。
byflowに1歩近づいた感じ。
フォローの機能がうまく働くと面白くなるかも。
あとは、同じ本を書評している人をオススメする「この人も書評してます」みたいなのとか
「あなたにオススメの書評者」みたいなのが表示されるとフォローが増えるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

[本] 昔懐しい古き良き時代のワクワクする冒険物語

四十面相クリークの事件簿 (トマス・W・ハンシュー)


江戸川乱歩の怪盗二十面相のモデルにもなったらしい四十面相クリークが数々の犯罪を解決する冒険物語。そう。この本は推理小説ではなく冒険物語である。本格ミステリを期待しながら読むと、伏線の張り方がアンフェアで、がっかりする。むしろ、子供の頃にワクワクしながら読んだ古き良き時代の冒険物語として楽しむべきである。


「ホームズのライヴァル」という触れ込みだが、私が連想したのは子供の頃に読んだモーリス・ルブランの怪盗紳士アルセーヌ・ルパン。プロローグで警官の手から逃れるために仕組んだ一芝居などまさにルパンそのもの。可憐で清楚な魅力的な女性が登場して、その女性のために活躍するという展開も似ている。


実はルパンシリーズにも、ルパンが犯罪を暴く探偵役を務める短編がいくつかある。ただルパンとクラークの違いは、その立ち位置である。


ルパンは探偵役を務めつつも犯罪を暴く度に、表沙汰にできない金を奪うなど莫大な報酬を得ていて、単なる正義の味方ではなくやはり怪盗紳士という立場を貫き通す。


一方のクリークは心を入れ替え、正真正銘の探偵として活躍し報酬も望まない。たとえ報酬を得たとしても、その報酬は盗難の被害者たちへの返済に使っている。そんなクリークを受け入れてしまう周囲の人間も含め、ルパンに比べると全くもって甘っちょろい。


それでもどこか懐しい古き良き時代のルパンやホームズの冒険物語と同様の魅力が本書にもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[日記] byflow を使ってみて

byflowを使ってみての感想。
本が好き!は書評を書くのが前提なのだろうけど、こちらは
書評を書かなくてもよいので手軽に自分の「持ってる」本などがどんどん増やせる。


「持ってる」というのも本当に持っている必要はなくて、持っていたでもいいし、読んだことがあるでもいいという割とユルい
制限になっているところがポイント。
制限が強いと多分、その分だけ他の人と「持っている」物の共通点が少なくなりフォローされたり、
フォローしたりする人が増えにくくなるんだろうなと思う。


困るのはオススメされた本とかを読んだことがあるのかないのか一瞬判断に迷ってしまうこと。
タイトルは知っているんだけど読んだことがないとか、読んだことがあるはずなんだけど、ストーリーを覚えていないとか。
たとえば、ローレンス・ブロックとかは、「泥棒は図書館で推理する」は読んだと思うし、1冊だけ原書で読んでいるけど、邦題はわからないとか、
「泥棒は野球カードを集める」はタイトルだけ知っているとか、同じシリーズの短編集は読んだことがあるはずだけど、タイトルが出てこないとか。
アルセーヌ・ルパンシリーズは子供の頃に絶対(繰り返し)読んでいるんだけど、どれを読んでいるのかタイトルからはさっぱり思い出せないとか。


とまあ、そんな感じである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »