« 2011年11月 | トップページ | 2012年8月 »

2011年12月26日 (月)

[本] 英国本格ミステリ作家が書いたサイコ物を読んだ

ダイヤモンド警視シリーズ第8段。英国本格ミステリの雄ピーター・ラヴゼイがサイコ物を扱ったらどうなるか。その答えがコレである。

ダイヤモンド警視シリーズであるということ以外、何の予備知識も無しに読み始めた。最初の10ページくらい読んだだけで、もしかして○○は殺されちゃうのかと思って、ハラハラドキドキしてしまった。

そう思わせておいて、いきなり意外な人物が死体となって登場。しかも殺人現場が大勢の海水浴客でごった返す浜辺であるにも関わらず、目撃情報は皆無。犯人の手がかりはおろか被害者が誰なのかその手がかりも全て波に洗われてしまっている。

さすがラヴゼイ。最初から飽きさせない展開で読ませてくれる。被害者が誰なのか明らかになってからは、更に事件は意外な方向へ進んでいき、サイコ・キラーの影がちらつき始める。まったく一筋縄ではいかない凝ったプロットである。面白かった。

終盤で明かされるプロローグの伏線、皮肉なタイトルの意味、意外と古狸なダイヤモンド警視などちょっとニヤリとさせられてしまった。

タイトルは邦題の『漂う殺人鬼』よりThe House Sitterの方が皮肉が効いていてよいと思う。

英語はちょっと難しく感じた。英語と米語の違いなのか、それとも作家の違いによるものなのか、よくわかんないけど、なんかちょっと最初はちょっと英語に違和感を感じてしまった。

In fact, this wasn't really about experience. Every incident brings its
own unique problems, and the challenge is to stay cool and deal with them
as well as resources allow.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

[本] いつの間にかミステリーベスト10の季節がきていたことに気づいた

気づいたらいつの間にやら各種2011年のミステリーベスト10が発表され各種のランク本が発売されているようす。
この時期に発表されるということは、2011年といいつつも、
対象が2010年11月頃から2011年10月頃までの1年の間に発売された新刊のミステリーということになっている。
それぞれのランクによって微妙に範囲が異なる。
なので、去年発売されたはずの書籍がランクインしたり、あるベスト10では、今年ランクインしているのに、
別のベスト10では、去年のランクインになっていたりすることもある。
だから、どれがどうという訳でもないのだが、なんかGoogleで検索したら、いろんなベスト10が既にいろんなサイトで公開されていたので、自分が、そのうちどれくらい読んでいるか調べてみた。


一応、byflowでは、「ミステリー小説好きなプログラマ」ということにしてるしね。


ミステリが読みたい2012版。
図書館で1回手に取ったんだけど、借りるのをやめた本が国内第1位。
図書館で貸出の予約をしたんだけど途中でキャンセルしたのが第6位。
読んでいたのは第2位と第4位。
原書で読んでいたのが海外第1位と海外第8位。


週間文春ミステリーベスト10。
図書館で1回手に取ったんだけど、借りるのをやめた本が国内第2位。
読んでいたのは1位と8位。
原書で読んでいたのが海外第1位。
つい先日、読み終えた原書の作家の別の作品が海外第4位。


本格ミステリ・ベスト10 2012。
図書館で1回手に取ったんだけど、借りるのをやめた本が国内第1位。
図書館で貸出の予約をしたんだけど途中でキャンセルしたのが第5位。
今、貸出の予約をしている本が第6位。
読んでいたのは、2位。
ついさっき貸出の予約をした本が海外第1位。翻訳で読んだのが3位と10位。
というか10位は新刊じゃないような。ずいぶん前に読んだ気がする。新訳なのかな。
原書で読んでいたのが7位と8位。
audible.comで音声ファイルだけ買ったけど、全然聴き取れなくて、全くストーリーのわからないのが第9位。


このミステリーがすごい! 2012
図書館で1回手に取ったんだけど、借りるのをやめた本が国内第2位。
今、貸出の予約をしている本が第6位。
読んでいたのが1位と7位。
原書で読んでいたのが海外第1位。


どのミステリーのベスト10でもどれか1冊は最低読んでいて、海外部門の最低1冊は原書で読んでいるということになった。
まあ、どのミステリーベストでも顔触れはそんなに変わらないということか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年8月 »