« [日記] 洗濯機が届いた | トップページ | [Ruby] 2.0.0-p0 関連 »

2013年2月23日 (土)

[Linux] CDのリッピング(Ubuntu 12.04)

しばらくCDのリッピングをしていなかったのだけど、久し振りに必要に迫られてやることになった。 コマンドラインから使えるツールがいいなと思い探してみたら、ripit というのが見つかった。 (最近はGUIなツールが主流でコマンドラインツールはマイナーなので見つけるのに時間がかかった。)

mp3に変換したいので、lame もインストール。

$ sudo aptitude install ripit lame

使い方はこんな感じ。

$ ripit -o ~/Music -d /dev/sr0 

ripit をインストールしたときにperlのライブラリっぽいものがインストールされたので あれっ?と思って見てみたら、ripitはperlで書かれていた。

Ruby もあるかなと思って調べてみたらRubyRipperが見つかった。 (しかし、ruby rip とか ruby ripper とかで調べると違うものばかり見つかるので、探すのに時間がかかった。) gem にはなっていないみたい。

ちょっとRubyRipperも試してみたんだけど、なんか動いているように見えなかったので、Ctrl+C してしまった。

で他にコマンドラインツールがあるかなと思って探してみたら、icedaxが見つかった

$ sudo aptitude install icedax lame # mp3の変換には、デフォルトで lameが使われる。

rippit は指定したディレクトリ配下にディレクトリを新たに作ってくれるけど cdda2mp3は、何もしてくれないで、カレントディレクトリ直下にファイルを作るので、

$ mkdir ~/Music/ripping; cd ~/Music/ripping
$ env CDDA_DEVICE=/dev/sr0 cdda2mp3

何も深く考えないで、リッピングするだけでいいなら、cdda2mp3(icedax) の方が ripit(cdparanoia) よりも速いような気がする。 cdda2mp3はシェルスクリプト。 コマンドラインオプションで指定するんじゃなくて環境変数でオプションを指定するとか、なんか、ある意味すごい。

|

« [日記] 洗濯機が届いた | トップページ | [Ruby] 2.0.0-p0 関連 »

コメント

Thank you for the auspicious writeup. It in reality used to be a enjoyment account it. Glance complex to far introduced agreeable from you! However, how could we keep in touch?

投稿: cheap jordan shoes | 2019年4月30日 (火) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Linux] CDのリッピング(Ubuntu 12.04):

« [日記] 洗濯機が届いた | トップページ | [Ruby] 2.0.0-p0 関連 »