« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月21日 (土)

[プログラミング] ** 演算子 in Scala

Int のメンバーとして ** を定義してあげればいいみたいなので、調べてみたら implicit conversion を使えばいいらしい。 こんな感じ。

import scala.language.implicitConversions

class DoubleWithPow(d: Double) {
  def **(n: Double):Double = Math.pow(d, n)
}

object Pow {
  implicit def toDoubleWithPow(d: Int) = new DoubleWithPow(d)

  def main(args: Array[String]) {
    var i = 3
    var n = i ** 2;
    println(n);
  }
}

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[プログラミング] ** 演算子 in Java and Scala

あれっ。そうか。**演算子は Java には、なかったのか。

$ cat pow.java
class Pow {
    public static void main(String... args) {
        int i = 3;
        int n = i ** 2;
        System.out.println(n);
    }
}
$ javac pow.java
pow.java:4: error: illegal start of expression
    int n = i ** 2;
               ^
1 error

てことは、Scala にもないかな。

$ cat pow.scala
object Pow {
  def main(args: Array[String]) {
    var i = 3;
    var n = i ** 2;
    println(n);
  }
}
$ scala pow.scala
/mnt/usbhd/xvd/t/pow.scala:4: error: value ** is not a member of Int
    var n = i ** 2;
              ^
one error found

やっぱり。でも、エラーメッセージは違うね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[プログラミング] volatile in Java

Java にも volatile なんてあったのか。知らなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月17日 (火)

[Vim] Scalaモード

Vim 標準にはないみたい。 調べてみたら、GitHubに見つかった

~/.vimrc に

NeoBundle 'derekwyatt/vim-scala'

と追加してから :NeoBundleInstall でインストールした。

タブ幅は2なのか。てっきりタブ幅は4なのかと思っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月13日 (金)

[プログラミング] 今さらScala

今さらかも知れないけれど、Scalaをちょっと触ってみた。

Scala は「スカラ」と読むらしい。 Scalability から取っているらしいので、「スケイラ」と読むのかと思った。

実行するには、Javaの実行環境が必要。

確かにJavaよりは生産性が高そう。

Scalaっぽい書き方は、良くわからないけれど、ちょっとRubyっぽいところもあって Ruby使っていれば、そんなに抵抗なくScalaに入っていける気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

[本] ラスト・ワルツ(柳広司)

ラスト・ワルツ

さすがにシリーズも続いて息切れしてきたかと思ったけれど、3話目で何とか持ち直してくれた。やっぱカッコいいわ。

陸軍のスパイ養成機関のシリーズ4作目。シリーズを続けて読んでいるファンとしては、期待が高まってしまうものですが。。。。

2話目まで読んで、うーん。さすがに息切れしてきたかなと。 シリーズ1作目、2作目にあったような切れ味の鋭さが感じられない。 ストーリーに捻りはあるし、別に悪くはない。悪くはないんだけれど、見劣りしてしまう。

そんな印象を持ちながら、読んだ3話目。 ここでようやく持ち直してくれました。 途中までは、こちらの想定の範囲内のストーリー展開。 最後の種明かしでいきなり引っくり返された。 まさか、こんな手を使ってくるとは思わなかった。 鮮やかなどんでん返し。 もちろん、それだけではなくて、シリーズ1作目から続いている雰囲気は十分に出ていたし、やっぱりスパイがカッコいいなと思ってしまった。 やっぱいいよ。

ただ、同じ手は二度と使えないので、次作がどうなるか、ちょっと心配ではある。 そんなに量産しなくていいので、次回は完全復活したD機関の話が読みたい。

続きを読む " [本] ラスト・ワルツ(柳広司)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »